MENU

ムダ毛を脱毛して女性としての魅力を上げるポイントを紹介

ムダ毛を処理する方法は脱毛、剃刀などを使って剃ること、そしてムダ毛を溶かす除毛です。剃刀を使ってムダ毛を剃る方法は一番簡単なムダ毛処理法であり、多くの人が行っています。しかし気をつけなければ肌を削ってしまうことになるために、ムダ毛を温めて柔らかくするなどして細心の注意を払う必要があります。

 

そして除毛は除毛ワックスを塗り、ムダ毛を溶かすことで処理を行います。最近では肌に与える刺激が少ないものが販売されているために、安心して使用できるものがほとんどです。しかし除毛ワックスが毛穴の奥に入りこまなければムダ毛が残ってしまいます。

 

こうした点を考えると肌を削ってしまうことなく、ムダ毛を毛穴の奥から除くことができる脱毛は美容効果がある施術であるといえます。美しい肌を傷つけず、ムダ毛をしっかりと除き去ることができる脱毛は多くの人が興味を示すものです。また脱毛サロンなどを利用すれば、より綺麗な脱毛が行えます。

 

脱毛で処理したいムダ毛について

私は子供の頃からとにかく毛深いのが悩みでした。本当に男子顔負けな程、猿かと思わせるぐらいの濃いムダ毛がびっしりと生えていたので、中学生の頃からずっとムダ毛の処理を始めました。

 

大人になってからも相変わらず、電気シェーバーと剃刀の2つ使いというムダ毛処理方法できました。自宅で気軽に出来て、特にお肌がかぶれたり何かトラブルがあるわけじゃないので、何となくこのまま続けてきました。

 

ただ、あくまで毛を剃るというだけなので、早ければ夕方になると直ぐジョリジョリとしてきて不快になります。おまけに、きちんと処理をしたつもりでも、結構剃り残しを発見したりするとブルーになにますね。

 

特にこれから夏に向けて薄着になったり、お肌の露出が増えますので、手抜きがちだった秋冬以上にムダ毛処理を頑張らなければいけません。本当は思い切って脱毛サロン等で脱毛すれば毎日こんな苦労をしなくても良いのでしょうが、お金と時間がどうしてもかかるので、結局昔からの電気シェーバーと剃刀という地道な処理方法に落ち着いてしまうんですよね。

 

以前は除毛クリームを使ってみましたが、手間が掛かるのと何故だかデリケートなお肌用なのにも関わらず湿疹が出来てかぶれてしまったので諦めました。

 

鼻の下のムダ毛処理について

私が行っている鼻の下のムダ毛処理について紹介します。鼻の下のムダ毛処理に使っているものは、パナソニックの電気シェーバーとピンセットです。4日〜5日に1回の頻度で、パナソニックの電気シェーバーを使って鼻の下のムダ毛を処理しています。

 

電気シェーバーを使うと、鼻の下のムダ毛を綺麗に処理することが出来ます。それから鼻の下に少し濃い毛が生えている部分には、ピンセットで1本1本抜くようにしています。鼻の下のムダ毛を電気シェーバーで1度処理しても、濃い色のムダ毛は綺麗に処理出来ないので、やはり仕上げにピンセットでムダ毛を抜いたほうが良いです。

 

それから顔用のT字カミソリで鼻の下のムダ毛を処理すると、皮膚に傷が付いてしまう場合がありますので、なるべくT字カミソリを使用しないようにしています。かT字カミソリは手早くムダ毛を処理することが出来ますが、やはり肌の為には電気シェーバーを使ったほうが良いと思います。電気シェーバーは顔の産毛を処理する時にも使えるので便利です♪

 

背中脱毛の注意点

背中の脱毛をしておきたいという女性は最近ではとりわけ多いです。背中のにきびに悩んでいるひとは多いでしょう。そういった方におすすめなのがこの背中脱毛です。背中脱毛をしたことによって、にきびが改善されたという女性は多いです。

 

また、背中は自分では処理をしづらい部位です。脱毛したほうが、肌にダメージを与えずにすみます。背中という部位は他の部位に比べて大きいです。身体のなかで一番大きい部位でしょう。そのため、施術のスピードが速い脱毛エステで施術を受けるのがベストです。

 

そうでないと、施術に時間がかかりすぎてしまって負担が大きくなってしまいます。脱毛は回数が必要になることが多いですから、施術にかかる時間は短いほうが毎回の施術に気持ちよく通うことができます。

 

そこでおすすめなのはジェイエステティックという脱毛エステです。ジェイエステはとてもスピードが速い脱毛をしています。背中脱毛も短時間で終わるのでうってつけです。

 

腕毛処理とかについて

私は腕毛がすごい濃いので結構頻繁にムダ毛処理をしています。ですが剃っても生えかけてきた時のちくちくした感じがすごい嫌で脱毛サロンに行くことも考えています。ですが脱毛サロンはどうしても敷居が高いイメージがあります。

 

値段がすごいかかりそうなイメージもありますがお店に入る勇気もないような感じです。周りの人も行ったという話も聞かないですし、いろんなものをすごい買わされそうな感じもします。実際に周りに行った人がいればいいのですがそんなイメージばかりひとり歩きしています。

 

さらに行ってすぐにツルツルになるのかなとか何十回も通わないといけないのかなとか考えるとどうしても一歩が踏み出せずにいます。私みたいな人がたくさんいるとおもいますがみんなはどうしているんだろう?

 

私は脱毛サロンに行けなくて除毛クリームなどいろいろ試してきましたけど、満足のできる結果がでていません。皮膚が弱いので途中でかぶれたりもしてきました。いっそ生えなければいいのにとかムダ毛処理せずに生きて行こうかなとかいろいろ考えます。

 

ワキ毛とか腕毛とか年をとると生えてこなくなるとか聞いた事あるけどホントのとこはどうなんだろう。みんなはどうやって処理してるんだろうとかいつもこんな心配ばかりしています。

脱毛サロンでわき脱毛について

わき脱毛に興味はあったものの、なかなか行く暇もなく行けずじまいでした。ですがある日、脱毛サロンのチラシが入っており、しかもキャンペーン中で安くなっていたのです。さっそく電話予約を入れて行ってみました。

 

初回はワキのチェックでした。私の場合、ホワイトニングも合わせると効果が現れやすいとのこと。どうやら自己処理でカミソリばかり使っていたのが良くなかったとのこと。値段としては40000円もしましたが、これで効果が早く出るならと期待を込めて、お願いすることにしました。

 

次回からは、まずはホワイトニングです。だいたい1時間ほどかけて丁寧にホワイトニングしてくれます。ですが、この時の姿勢は仰向けで両腕を上げて、ワキが丸見えになる状態です。ちょっとその姿勢が私にはつらく感じました。ですがホワイトニングが終わると、ワキがウルウルで綺麗なんです。美意識がコレだけで上がりますよね。

 

そして次にいよいよ脱毛です。チクッと痛むこともありましたが、ほとんど痛みを感じずに脱毛終了。15分位で終わるので、仕事帰りに寄る事もできました。回数を重ねるごとに段々脱毛されているのがわかり、通うのが楽しみです。自信を持って服も気にせずノースリーブを着たり出来ます。

 

ムダ毛処理で特に気になるのがワキ

今ではかなり安価で脇脱毛ができるようになり、気軽にエステサロンなどにも行けるようになりましたが、私が学生だった10年以上前はまだまだ高額でした。私はとにかくムダ毛が多い体質で、特に脇は気にしていました。

 

カミソリで剃っただけでは黒いポツポツが見え、毛抜きで抜けば跡が目立ち…夏はノースリーブのかわいい服も着たいけど、とてもそんなことはできません。常に袖のある服を着ていました。そんな時、ファッション誌で某有名エステサロンの広告が載っていました。

 

格安の価格と共に「今あるワキの毛全部抜きます」の文字が目に入りました。これは!と思い、勇気を出して予約の電話をし、当日は脇毛を最大まで生やした状態でサロンに向かいました。一通り説明をうけ、綺麗なエステティシャンの方が脇の状態を確認し、なにやらカルテのようなものを書き込んでいます。

 

チラっと見てみると「剛毛・多い・広い」みたいな感じで全部の項目が最大量のところにチェックがついていました。妙な恥ずかしさを感じながら受けた施術は激痛そのもので、変な汗をかきながら早く終われと念じ続けました。そうやってきれいになった脇に満足したものの、ひと月後には脇毛は見事復活し、また長い戦いが始まるのでした。

 

ワキのムダ毛処理ってどうしてるの?

私はワキのムダ毛を処理するたびに、他のみんなはどうやってワキ毛を処理しているのだろうと気になります。それというのもワキ毛は処理しにくい場所にあるし、どう考えても自分の処理している姿というのは情けなくて、とてもじゃないけど他人には見せられません。

 

しかも左ワキは右手で処理できるのでまだ良いのですが、右ワキは利き腕ではない左でやらなければならないため、すごく処理しにくいのです。そんな私のワキ毛の処理方法は脱毛クリームである程度の処理した後、残った毛は毛抜きやカミソリでキレイにしています。

 

この毛抜きというのが曲者で、鏡にワキを映しながら一本ずつ抜いていくのですが、左手ではまったく力が入りません。なので結果的に右手で処理できる左ワキばかりがキレイになっていきます。

 

このようにワキ毛の処理には本当に苦労しているので、他の女性はどうやってキレイに脱毛しているんだろうと思うのでした。とはいえ周りの人にワキ毛の処理ってどうしてる?と聞くのもずうずうしいので、いつまで経ってもこの疑問は解決しないのでした。

これまでの脱毛グッズを振り返る

脱毛サロンに興味はあるけどお金はない、そんな時代に自力で試した脱毛方法や脱毛グッズの数々があります。脇の毛は毛抜きを使用します。剃ると根っこが残ってしまうし、黒いツブツブが残っているような気がして腕を上げるときにとっても気になってしまいます。

 

中学、高校くらいの年齢になると、腕や足の毛が気になってきます。腕や足も、毛が濃くなるとか、触るとジョリジョリするとかで脇同様剃ることは避けていました。そこで最初に試したのは脱毛テープです。ムダ毛の気になる足や腕に貼り、一定時間をおいて思いっきり剥がす。それはそれは苦痛でした。とっても痛かった記憶があります。

 

次に試したのは脱毛ムース。脱毛したい部分にシュワーッと塗り、時間をおいてふき取り、洗い流すのです。肌に合う合わないもありますが、痛みもなく楽でした。しかし、あまり自由になるお金のない学生には少し高価だったように思います。

 

他にも、脱毛スポンジや脱毛タオルといった肌をやさしく擦って毛をよじり切る、正確には脱毛と剃毛の中間のようなグッズも使用したことがありますが、いずれも長くは続かず、ムダ毛の脱毛については長い悩みとなってくのでした。

 

脱毛ワックスの使い方

自宅や脱毛サロンでムダ毛を脱毛する方法の一つに、脱毛ワックスの使用を挙げることができます。脱毛ワックスはムダ毛を抜き取る形で処理を行うものです。使用方法ですが、まずムダ毛を脱毛したい箇所にワックスを塗ります。そしてワックスが乾いたら一気にそれを引き剥がします。

 

するとムダ毛が固まったワックスにくっつき、抜き取られます。この脱毛法はムダ毛が多い人には向いていません。なぜならたくさんのムダ毛を一気に抜き取ってしまうと大きな痛みをかんじることになります。またこのような刺激が肌荒れの原因となることもあるために、一時的な痛みでは済まないことがあります。

 

そのためたくさんのムダ毛が生えている箇所の使はお勧めできません。またムダ毛が短いとワックスに上手くくっつかないことがあります。そのためある程度の長さを保っているムダ毛に対して使用するべきです。このように注意点はいくつかあるものの、脱毛ワックス自体の値段は安いために、気軽に用いることができます。

 

脱毛ローションについて

脱毛ローションを以前使用したことがあります。広告では2週間続ければヒゲが減り始めて、半年後には産毛のようになるという夢のような文章が躍っていました。200gほどのチューブ一本で2000円以上する代物で、それでもヒゲで悩まなくてもよくなると思い、意を決して購入しました。

 

しかし、いざ購入後に付属の説明書の記載を読むと、その商品は、肌の下地を整えるローションであることがわかり、結局脱毛に有効な成分はほとんど含まれていないことが分かりました。そこで、下地の上に塗る「本物の脱毛成分」が入っているという商品が紹介されていたので、調べてみると、8000円程もする品物でした。

 

しかもそれ一本でケリのつく話ではなく、長期にわたって使用を続けることが条件として書かれており、それくらいなら専門家にかかったほうが綺麗で安上がりになると思い、ローションの使用を諦めました。2000円で買ったローションは、一応使ってはみたものの、そのへんのドラッグストアに500円で売っているローションと何も変わりませんでした。

 

ちょっと高い勉強代だったと思います。今は脱毛に関してそれほど願望はなくなったので、毎日の髭剃りで事足りていますが、もし今後また脱毛を意識した際には、迷うことなく専門家へ相談しようと思います。

 

市販の脱毛クリーム

私は敏感肌のため、カミソリでムダ毛処理を頻繁に行うと赤いぶつぶつが出来てしまい、頻繁にムダ毛処理を行うことが出来ません。でも、夏場には肌の露出が増えるため赤くなってもムダ毛処理を行わないといけなくなり、毎年つらい思いをしています。

 

今まで、様々なカミソリを使用してみたり、保湿のクリームを塗っても、あまり私の肌にあったものが見つかりません。脱毛サロンに行くことも考えてはみたんですが、人気で予約が取れない、何回も通わなくてはいけないという事を聞き、忙しい時はタイミングを逃してしまい通わなくなってしまうと思い諦めました。

 

そんな時に、薬局で見つけたのが脱毛クリームです。脱毛クリームなんて、敏感肌には無理ではないかと思っていたのですが、メーカーによっては敏感肌用の脱毛クリームも販売しています。

 

値段もお手ごろだったため、試しに買って実際に使用してみました。結果、お肌はツルツルになりムダ毛の処理は成功です。しかも、クリームを塗った時も洗い流した後も肌が全く痛くなかったため、敏感肌の人にもオススメです。

女子力アゲアゲするために。面倒くさがらないで脱毛を

脱毛…脱毛と聞いて思い浮かぶのは「ムダ毛処理」ですよね。これから夏に向けてどんどん薄着になっていき、海やプールに行く機会も増え、ますます「脱毛」に気を使わなくてはいけません。

 

面倒くさくて放っておきたい、それが正直な気持ちではあるんですが、ふと腕を上げた瞬間に見えてしまいそうな腋毛、終始人目に付く腕毛、ストッキングの中で渦を巻く足毛。目に入ってしまうと、気になってしまうと、本当にゲンナリしてしまいます。

 

脱毛と一口に言っても、方法はいろいろ。自宅で市販の脱毛グッズを使ったり、暇にまかせて毛抜きで抜いたり。コストは上がるけど、確実で簡単な脱毛サロンに行ったり。どれをとってもあまり手軽にとはいかない脱毛。脱毛ではなく剃ってしまう方が楽なんですが、剃ってしまうと触るとジョリジョリするんです。

 

見た目スベスベ触るとジョリジョリなんて興ざめです。夏、スベスベで毛のないお肌で過ごすためにもちょっと女子力を上げて脱毛に気を付けていこうと思うのです。

 

ムダ毛処理に気を使ってステキ女子へ

私自身女性なのですが、ムダ毛処理にはとても気を使っています。自分が気を使っているからなのか、他の女性たちのムダ毛にもよく気が付いてしまうことも多いです。

 

会社員時代に満員電車に乗った時、薄着の季節だと腕の毛や、うなじ、襟ぐりの大きな服を着ている人の背中の毛など目についてしまうのです。私が気が付くのだから、男性でも気になる人は多いでしょう。

 

せっかくきれいにメイクをして、可愛い服を着ているのに、背中の産毛がボーボーだとなんだかがっかりしてしまいます。ステキ女子たるもの、背中にまで気を使いたいものです。サロンで脱毛したほうが良いとは言いませんが、手の届く範囲で剃刀を使って剃ったり、除毛クリームなどを使って処理をすればだいぶ見栄えが違うと思います。

 

結局は自己満足なのですが。それでも、「もしかしたら見えているかも?」と気にしながら過ごすよりも、きれいにしてあるからばっちり!と自信を持って夏を迎えられたら楽しいのではないでしょうか。